ポジかネガか

昔から写真を趣味としてきた兄からフィルムカメラをもらってきた。
それも中判カメラのPENTAX645N。

f0227973_20283157.jpg


いまさらフィルム? の感はあるのだが、今でもデジタルよりフィルムがいいと言ってる愛好家も
いるようなので、どんな写真が撮れるのか、しばらくはこのカメラを使い込んでみようと思う。

ブローニーフィルム1本で16枚しか撮れないから、デジカメのような数打ちゃ当たる的な撮り方は
できない。

重要なポイントは露出なのだろう。 デジカメと違ってその場でモニターで確認できないから、慎重に
露出を決める必要がある。
少し調べてみたら、ポジフィルムよりネガフィルムのほうがラティチュードが広いらしい。ちなみに
デジカメはポジフィルムと同程度。(ラティチュードとは白飛びから黒つぶれまでの広さ)
最近フィルムで撮る人のほとんどはリバーサル(ポジ)で撮るようだが、果たしてそのリバーサルと
ネガの違いがどのくらいあるのかを試してみた。

撮影したのは江ノ島灯台、夕方の曇り空でこの情景を写真で表現するのはなかなか難しい。フィルム
による差はどのようにでるのだろうか?

撮った写真をコイデカメラで現像してもらっい、さらにスキャンしてCD-Rに保存してもらったのだが、
ここで疑問が出てしまった。
リバーサルは良いのだが、ネガは明らかに明るい。灯台が灯っている時間帯に撮ったのでもっと
暗くなくてはいけない。これは現像の問題なのか、スキャンしたオペレーターの問題なのか?
左右の写真の構図が違ってしまったのは、店先で指定した写真を間違ってしまったためで、
同じ条件で比較できなかったのが残念!


リバーサル(ポジ)                          ネガ
f0227973_20255666.jpg f0227973_20261175.jpg
























その後手に入れたスキャナーでスキャンした結果がこちらです。

        ポジ
f0227973_2048719.jpg



        ネガ
f0227973_20484563.jpg




違いが分かるでしょうか? 色彩の違いはそれぞれのフィルムの特徴が出てるようです。
ネガの階調はずいぶん違うように思います。善し悪しは別として雲やウッドデッキがポジ
のノッペリした画像に比べて情報量が多く感じます。
ネガは、コイデカメラでスキャンした結果とずいぶん違います。オペレータが昼間の写真
と勘違いしてしてJPEGに落としたのでしょうか?



そして、それぞれを自分なりの好みで修正した結果がこれです。

        ポジ
f0227973_20563018.jpg




        ネガ
f0227973_20565775.jpg




ネガのザラついた感じはどうなんだろう?どちらが良いかは個人の好みだと思います。
これからどちらのフィルムをメインに使うのか悩むところです。
ネガの方がスキャン時のバラツキは多いようです。
[PR]
by esmori | 2012-01-15 11:13 | 645N
<< 塔ノ岳で試し撮り 江ノ島オレンジ >>