北アルプス登山記・双六岳登頂そして鏡平へ

7月23日

翌朝も空はどんよりしてました。

f0227973_12402181.jpg


5時に朝食を食べるため食堂の前に並んでいると窓にオレンジ色の日差しが見えました。
慌てて2階の部屋にカメラを取りに行き、窓から撮ったのがこの写真です。

f0227973_12402965.jpg



数枚撮って食堂に戻ると、もう空は先ほどのどんよりに戻っていました。

この日の朝食。
f0227973_12405248.jpg



外は雨です。
さて、この後の行動をどうするか。
同部屋だった3人のグループは6時間歩いて笠ヶ岳に行くようです。

自分はどうするか、天気予報は一日雨、計画通り西鎌尾根で槍ヶ岳に向かうにはいくつか心配がありました。
尾根の途中に滑り易い蛇紋岩の一帯がある。天候が悪化してホワイトアウトしてしまうと初めての道なので迷うと
滑落の危険がある。槍まで行ったとして翌日も雨だと下山ルートの涸沢が増水して渡渉できなくなる可能性がある。

そこで笠ヶ岳に向かうことも考えましたが、こちらは何も調べてこなかったので情報を何も持ってない。
下山ルートの笠新道は地図で見るとかなり急なようです。

悩んだ末、西鎌尾根ルートの最初にピークがある樅沢岳に様子を見に行くことにしました。


5:54
f0227973_12415859.jpg


晴れてれば槍ヶ岳の素晴らしい景色が一望できるのに、ガスで何も見えません。
この先、槍ヶ岳に向かうのはこの時点で諦めました。

f0227973_12432535.jpg



f0227973_12424671.jpg



6:35 樅沢岳ピーク
ピークと言っても尾根の途中の通過点なので登った達成感はありません。

f0227973_12435735.jpg


しばらく槍ヶ岳方面を見てましたが、何の感動も味わえないので双六小屋に戻り反対にある
双六岳を目指すことにしました。

f0227973_12434357.jpg



振り返ると今下りてきた道

f0227973_12441579.jpg


花の百名山と言われてる双六岳です。
f0227973_12453389.jpg




ここも晴れてれば素晴らしい景色だったのでしょう。

f0227973_12455096.jpg



今年は3~4年毎に咲くコバイケイソウの当たり年だそうです、これはラッキーでした。
前日の登山道にもありましたが、あちこちに群生が見られます。

f0227973_12444584.jpg




雨でなければRX1を取り出してじっくり撮りたかったのですが、この日の行程は全てコンデジ
です。 レインウェアのポケットに入れてたコンデジは何度も出し入れしてレンズに水滴、液晶は
曇りっぱなしです。ポケットの中も水が溜まりだしてるけど、防水コンデジなのが幸いでした。

朝から降られっぱなしでしたが、ストームクルーザはしっかり雨をはじき続けてくれます。
たのもしい。
f0227973_1248971.jpg




9:00 双六岳2860m山頂に着きました。
f0227973_12473964.jpg


登ってる人とは誰も合わなかった、山頂独り占めです。
f0227973_1248593.jpg



雨の中で栄養補給
f0227973_12503221.jpg



ここから先は、もう一度双六小屋に戻って尾根を下り、鏡平で宿泊することにしました。
今回の目的は鏡池に映る槍ヶ岳を撮ることが30%ぐらいの比重を占めていたため雨模様ではあったけど、
一瞬でいいから奇跡的にガスが切れてくれないかとの期待を持っていました。

f0227973_12504753.jpg



10:20 双六小屋の無料水
f0227973_13172255.jpg



鏡平に向かいます
f0227973_12512280.jpg


ハクサンイチゲ
f0227973_12515139.jpg



ミヤマダイモンジソウ
f0227973_12522087.jpg



トリオレプロもまるで長靴のような防水性能です。
オマケに蒸れないから快適!
f0227973_12552075.jpg



11:45 弓折乗越まで降りて来ました。
f0227973_12555940.jpg


12:30 鏡平に着きました。
f0227973_1365532.jpg



ビールと昨日はご飯が炊けてなくて食べられなかったカレー
f0227973_1383082.jpg


f0227973_1384164.jpg




出発する山ガール3人は、上の小屋でアルバイトするそうです。
鏡平小屋と同じ系列の山小屋らしく小屋のお兄さん達がすごくやさしくしてました。
先頭を案内してるし!
f0227973_1311944.jpg



鏡池
この時点はどんよりしてましたが、この後激変するんです。

f0227973_1313174.jpg



感動の展望は

つづく


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by esmori | 2013-07-28 12:56 |
<< 北アルプス登山記・鏡池 北アルプス登山記・双六へ >>