北アルプス 蝶ヶ岳・常念岳 登山記1日目

9月11日の夜行バスで出発し、北アルプスの蝶ヶ岳から常念岳まで縦走したきました。

この写真は、今年の5月に松本アルプス公園の近くから眺めた常念山脈です。
一番高いピークが常念岳、カッコイイ姿ですね。そこから左に目を移すと後ろの雲が切れた先にあるのが
蝶ヶ岳です。
f0227973_9575548.jpg


今回は上高地から入り蝶ヶ岳で1泊、2日目は蝶ヶ岳から常念を経て一ノ沢を下りヒエ平まで行くコースです。
7月に行った双六岳は3日間雨に降られて尾根歩きを楽しめなかったこともあり、何とか今回は尾根歩きを
コースに入れたいと考え1泊で可能な範囲で常念尾根を行くことにしました。少しきつめのスケジュール
になると分かってはいたのですが、なんとかなるんじゃないかと思ってはいました。しかし~

1泊で北アルプスに行くとなると、意外と選択範囲は狭く、涸沢、燕、蝶ヶ岳、常念岳、笠ヶ岳、西穂などになるでしょうか。
笠ヶ岳は笠新道の急登がしんどい。西穂はエキスパートのみ可能なコースなので危険すぎます。

3年前に兄弟で今回の逆コース、常念→蝶ヶ岳→上高地に行きました。このときは2泊で計画、しかし悪天候で常念までしか行けなかった因縁のコースでもあり、今回はその時に果たせなかった稜線を歩きます。

新宿高速バスターミナル発のさわやか信州号で上高地に向かいます。
この途中でアクシデント!
休憩で停まったバスを降りたら、急に足がもつれて転んだ!
何が起きたかと思ったら、ゆるんでいた靴紐が反対の靴のフックにひっかかっていました。
とっさに手をついたのですが、手のひらに血がにじむ、それより左手の親指付け根を少しですが傷めてしまったようです。 この痛みが後に影響します。

5:30 上高地バスステーション
ここで登山計画書を提出。朝焼けが少し見えています。
f0227973_9583860.jpg


写真に撮ろうとカッパ橋まで急ぎますが、朝焼けはほんの一瞬で間に合いませんでした。

穂高の上部は雲に隠れていますが、一部晴れ間も見えています。
f0227973_9585641.jpg



6:00 登山スタート
この日歩くのは距離11km 累積標高差1250mです。
図を見ると分かると思いますが、途中の徳沢までは平坦な道、その後が急登となります。
f0227973_9593353.jpg



f0227973_9595171.jpg




梓川沿いを進むと明神の迫力ある壁が見えてきます。

f0227973_100035.jpg


明神館に近づくと猿が現れた。
f0227973_100133.jpg



6:40 明神館着
f0227973_1003365.jpg



カンボクの実も鮮やか!
f0227973_1004884.jpg



f0227973_1015453.jpg




7:45 徳沢着
青々としたテントサイトも昔は牧場だったとか。
f0227973_1011486.jpg


小屋の裏山をこのあと登ります。
f0227973_1022363.jpg


井上靖の「氷壁」の舞台となった徳澤園

f0227973_1024641.jpg


小屋の裏に蝶ヶ岳への登山道 長塀尾根(ナガカベオネ)への入り口があります。

f0227973_103360.jpg



登山道に入るといきなりの急登が続きます。木々に遮られて景色もなく、もくもくと登り続けます。
f0227973_11141213.jpg


山はもう秋です。
実を着けた植物がたくさん見られます。
f0227973_11143548.jpg


旨そうだけど、食べませんよ。ここでお腹壊したら終わりですから。
f0227973_11144079.jpg



f0227973_11145643.jpg


f0227973_11154815.jpg



f0227973_1116122.jpg


12:45 長塀山
f0227973_11163714.jpg


13:00 妖精の池

f0227973_1117857.jpg

どんな妖精が住んでるのかと思ったら、いましたいました、それも沢山のオタマジャクシが?  と思っていたら、後で調べたら山椒魚でした。

f0227973_111719100.jpg


ここで雨がパラついてきました。カッパを出すほどでもなかったので、そのまま進みます。



登山道をちょろちょろする生き物発見!
体長4cmほどの小さなネズミでした。
登山道脇の草むらに入ったのでストックで行き先を塞いだら出て来ました。
とっても素早いので撮るのは無理かと思ったのですが石の脇で一瞬ストップして
くれました。

f0227973_11185035.jpg


登山道脇の紅葉
f0227973_1119887.jpg



森林限界を抜けるといきなり蝶ヶ岳が真近に現れます。
f0227973_11192381.jpg



チングルマの綿毛もだいぶスカスカになっています。
f0227973_11194331.jpg



蝶ヶ岳ヒュッテが見えました。
f0227973_11195521.jpg



13:30 蝶ヶ岳山頂着
f0227973_11201922.jpg



残念ながらガスで展望はなし。
今年行った夏山はことごとく天気が悪かったこともあり、今回だけは晴れを確信しての
登山だったので、かなりテンション下がります。
f0227973_11203377.jpg



ヒュッテに着きました。
f0227973_11204715.jpg



部屋の内部
小屋は比較的空いていました。2人分のスペースが使えます。
f0227973_1121476.jpg


f0227973_11212344.jpg



早速 登頂を祝って一人ビールとラーメンで乾杯!
生ビールはないので缶ビール。

f0227973_11215054.jpg


部屋に戻ると、兵庫から来られた男性がいらした、三股から登って来られたそうだ。
歳は私より上かな? 毎年一回は北アルプスに登られるとか。
兵庫からなら大山(ダイセン)が近いのではと聞いたら、当然登ったことがあると
言っていたが、独立峰よりやっぱり山並みが続く北アルプスがいいのだそうだ。

カメラも5DⅡをお持ちとのことで写真の話で盛り上げかけたところで日が差してきた。
話を切り上げ外に出た。


小屋から100mほど離れた方向指示板があるところを瞑想の丘と言うそうだ。
f0227973_11221830.jpg


その上に三脚を構えた。
f0227973_1123345.jpg


常念方面の斜面が紅葉している。
f0227973_11232846.jpg


f0227973_11234448.jpg



穂高方面のガスが薄くなり日が差してきた。
f0227973_11235969.jpg


ふと後ろを振り向くと

ブロッケンの出現です。
f0227973_11241696.jpg



このとき、小屋を見ると誰も出てきてない。
f0227973_11242967.jpg


程なくして女性の一群が小屋から出てきたので「ブロッケンが見えますよ~」と
声をかけたらみんなやってきた。
狭い瞑想の丘は人で溢れた。

この時はまだブロッケンが見えていたので、みなさん感動されてたようで良かった。
しかし、以前から気になってたのだが、大勢が近くにいるのに見えるブロケンは1つしかない。やはり自分の影だけしかブロッケンにならないんだな~。


穂高方面のガスは激しく動くが山並みは姿を現してはくれない。
f0227973_11245977.jpg



乗鞍岳方面
f0227973_11252275.jpg



明日行く常念方面はバッチリと姿を現した。
f0227973_11255235.jpg


このとき、「夕食の準備ができました」とのアナウンス。

- - -

小屋の夕食
f0227973_11261730.jpg



この後、夕焼けを期待してもう一度小屋の外に出たが、残念ながらまた小屋の周りはガスに覆われていた。
部屋に戻って、この日は早めに就寝!


つづく




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by esmori | 2013-09-15 10:03 |
<< 北アルプス 蝶ヶ岳・常念岳 登... 江ノ島夕景 >>