北アルプス 蝶ヶ岳・常念岳 登山記2日目

初めて登った北アルプスは涸沢です。
その時、途中の徳沢で休憩しているときに、横で休んでいたそれぞれ単独行と思われる女性2人が話していた。
これからどこに登るのか聞いているようだが、1人が
「もうこのあたりの山は全部登っているから、決めないで出てきたのよ」
徳沢からは横尾を経由して槍ヶ岳や穂高に向かうこともできる。そして今回登った蝶ヶ岳に
行く道もある。
「でも今日は蝶に行こうかしら」
初めての北アルプスでこれから自分の体力で登れるのか不安を抱えていた自分には、なんともベテラン同士の会話で、
そんな気楽に登る山なのかと感心して聞いていた。


9月11日から北アルプス 蝶ヶ岳から常念に縦走してきました。つづきの2日目です。


13日、この日は常念を越えて一ノ沢を下りヒエ平まで行く長い道のりです。

距離 11.3km
累積標高 -2026m
f0227973_765544.jpg



帰りの高速バスが穂高駅近くから15:46発なのでそれまでに下山する必要があります。
ヒエ平から穂高駅までのタクシーが30分かかるとして、ヒエ平に15時着が目安です。
コースタイムは8時間なので2時間の余裕を見て朝5時に出発しました。


5:00 
この日の朝も残念ながら穂高方面はガスの中でした。
f0227973_7101943.jpg


東の空、まもなく日が出ます。
f0227973_7122179.jpg



常念に向かいます。 途中いくつかのピークを越えていきます。
f0227973_7134353.jpg



f0227973_7142731.jpg




f0227973_7143816.jpg


5:30 ご来光です。
実は今回このご来光を撮るために一眼レフを持ってきていたのですが、歩いてる途中で日が出てきたので
ザックから出すひまがありません。ウェストバックからすぐ取り出せるRX1で撮ります。
RX1は35mm単なので、太陽を大きく撮るために200mズームをつけて一眼を持ってきたのですが。
結局、重たい思いをして持ってきた一眼レフは今回一度も出すことがありませんでした。


f0227973_726490.jpg



f0227973_7245337.jpg






5:40 横尾に降りる道の分岐です。
f0227973_7152343.jpg




f0227973_7282020.jpg



歩いてきた道を振り返ります。
f0227973_7283284.jpg




山肌に朝日があたります。 この僅かな時間が一番景観をドラマチックにします。
f0227973_7314157.jpg



f0227973_7312641.jpg


蝶ヶ岳
f0227973_7321672.jpg




最初のピーク蝶槍が近づいてきます。
尖っていますが、地図に付属していたガイドによると迂回して行くはずだったのです。
f0227973_73473.jpg



しかし・・・


ピークを越えて行くのがルートだったようです。
岩をつかみ、3点支持を確保して登ります。
ここで転んで傷めた左手が・・・岩をつかむ度に痛みます。


f0227973_7392452.jpg



6:06 蝶槍TOP
f0227973_7402344.jpg



少し常念に近づきました。
f0227973_741161.jpg



ここを下りると低木につつまれたもう一つのピークがあります。

f0227973_7415540.jpg



f0227973_7431088.jpg



後ろを振り返って蝶槍
f0227973_744175.jpg



青空
f0227973_744816.jpg




ここで雲海を眺めていた年配の単独女性に出会いました。
この後の下山先がヒエ平とのことで、よければタクシーを相乗りしましょうと約束しました
ところが、脚力が違いすぎて追いつけない結局ずいぶん待たせることになってしましました。

f0227973_7473415.jpg



いよいよ核心部です。
f0227973_7482451.jpg



ここに先を行く女性が映っています。

f0227973_7485930.jpg



拡大してみると、迫力あるガレガレの登山道。
f0227973_749516.jpg



急登でペースダウン、あえぎながら登ります。
f0227973_7505772.jpg



迫力あるな~
f0227973_7505246.jpg


後ろを振り返る
f0227973_8163016.jpg



f0227973_8165746.jpg




なかなか着かない
f0227973_8173528.jpg



f0227973_819761.jpg



ようやく山頂が見えました。
f0227973_819341.jpg



10:30 常念岳山頂
f0227973_8202979.jpg



f0227973_8205783.jpg



この後、一ノ沢の下り口がある常念乗越で休憩したいと思っていたのですが、すでに目標
タイムを大幅に遅れてるので、急いで向かいます。景色を楽しむ余裕もなしです。
f0227973_8235048.jpg



それでも、この景色!
残念ながら槍が見えない。
f0227973_8242657.jpg



f0227973_825011.jpg



とにかく急いで下山してタクシー相乗りを約束した方に待って頂いてる常念乗越まで行かねばなりません。
しかしガレガレの下り斜面でスピードを上げることができません。

常念小屋が見えてきました。
f0227973_21455681.jpg


景色は素晴らしいな~
横通岳、その奥に燕、左には大天井岳
f0227973_2243871.jpg




足がもつれはじめたので少し休むと、ようやく雲に覆われていた槍ヶ岳が見えました。

f0227973_2148062.jpg



12:00 常念乗越着
ここで待っててくれました。 すでにタクシーは手配してくれたとのこと。
先にゆっくり下山してるからと下りて行かれたけど、はたして3時までにヒエ平に着けるのか?
休むまもなく出発です。

惜しむらくはこの景色!
f0227973_21532066.jpg



この先はひたすら降りるだけです。


12:43 最後の水場
f0227973_21543977.jpg


ここで蝶ヶ岳ヒュッテで作ってもらった弁当・・・・そんな余裕あっちゃいかんのですが!
それでも腹減ったら動けなくなりますから
f0227973_21562773.jpg


f0227973_21564479.jpg


胸突き八丁
f0227973_21571279.jpg



ここから先は写真はありません。

とにかく必死でおりてヒエ平についたのが15:10ですぐに待って頂いた方とタクシーに乗り
バス停に着いたのがバス出発の5分前でした。

全く余裕無しのこの日の行程、せっかくの景色も楽しむこと半分!

次からはもう少し余裕が必要と痛切に感じました。






にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by esmori | 2013-09-18 06:43 |
<< Night of Yokohama 北アルプス 蝶ヶ岳・常念岳 登... >>