<   2013年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

玄倉・ユーシン・檜洞丸登山記②

ユーシンロッジからのつづきです。

f0227973_20504244.jpg




丹沢の山地図に付属してるガイドブックによると、今回のユーシンから同角ノ頭を越えて檜洞丸に登るコースは唯一上級者となっています。
なぜ上級者コースとなっていたかは、このあと知ることになります。
f0227973_2121311.jpg


平日のマイナーコース、そして上級。たぶん途中で誰にも会わない様な気がしてました。 
単独で登ることに不安もあったので、暇してそうな息子を誘ったのです。

息子の登山暦は北穂に登ったことはあるのですが、ずいぶん前のことです。


さて
ユーシンロッジから先は小屋左奥の橋を渡ったところから始まります。



f0227973_20593043.jpg




10:15
f0227973_210490.jpg



橋を渡って右手に行くと登山口があり、少し行くと劇急登になります。

しばらく登ると東屋がありました。


10:28
f0227973_2105762.jpg



ここの登山道、急でザレている上に落ち葉かかぶさって余計滑りやすくなっています。
落ち葉の下に浮石がないか、一歩一歩確認しながら歩を進めます。

f0227973_2125756.jpg


f0227973_2183681.jpg



やがて大きな石が見えてきます。

11:10
f0227973_219543.jpg



大石山の由来となった石だとか!
f0227973_2194660.jpg



f0227973_2195675.jpg


梯子を上ると石の上に出られます。
f0227973_2110942.jpg




f0227973_21104478.jpg



富士山が見えます。
f0227973_2111574.jpg



素晴らしい景色なのですが、石の上は少し左に傾斜してて、とても上に立つことは出来ませんでした。
f0227973_21122432.jpg



さらに先に進みます。
f0227973_21131342.jpg


11:50
大石山に着きました。
f0227973_2114285.jpg



息子は前日に寝てないのかへたれ気味。
f0227973_21161461.jpg



眺めは素晴らしいです。
f0227973_21265163.jpg



富士山がまだ見えています。
f0227973_21201239.jpg



20mほどの下りの鎖場です。
f0227973_2205462.jpg



下から見上げて
f0227973_2214864.jpg


梯子や鎖場が連続します。
f0227973_222069.jpg


13:25
ザンザ洞キレット 深い谷の上に橋が渡してあります。
高い場所は苦手なので、谷底は見ないように渡ります。
f0227973_2223632.jpg



滑りやすい鎖場
f0227973_22509.jpg


14:00
同角ノ頭1491mにようやく着きました。
f0227973_2253530.jpg





f0227973_2263318.jpg





ところがこの後長い下りが続きます。
実に200m近くも標高を下げます。
f0227973_2273264.jpg




15:15
登り返してようやく石棚山稜の登山道との分岐に到着
f0227973_22181849.jpg



f0227973_22192027.jpg



このあたり、とげのある枯れた草や、こんなのが群生して登山道に進出しているため
悩ませます。
f0227973_22204261.jpg




もう少し頑張って!
f0227973_2222189.jpg




15:33
つつじ新道との分岐
f0227973_22213367.jpg



大きく穴の開いた木
f0227973_22225459.jpg




ソーラーパネルがありました。 もうすぐ山頂か!
f0227973_22243710.jpg




振り返るとだいぶ日差しが傾いています。
f0227973_22251430.jpg




15:50
檜洞丸1601m 山頂に着きました。
f0227973_22254061.jpg



f0227973_2228488.jpg



f0227973_22255898.jpg



山頂からの展望はあまり良くありませんが木々の間に富士山が見えます。
まもなく夕暮れで写真撮るにはいい時間帯なのですが・・・

f0227973_22283680.jpg



何故上級コースなのか!
滑りやすくザレていて急登が続き足の負担を軽減できる平坦な部分が非常に少ない。そして鎖、梯子が多い。登山者が少なく、この日も大石山を過ぎると誰にも会いませんでした。
そして距離が長い。
この後泊まった青ヶ岳小屋の小屋番さんは林道ゲートから休憩いれない時間で8時間かかると言ってたから
今回は何回も休憩してほぼ8時間だからそんなに遅くはなかったようです。



小屋に向かいます。
f0227973_22362196.jpg



少し降りると煙突の煙が見えてホットします。
f0227973_2237557.jpg



16:10
青ヶ岳山荘着

f0227973_22374249.jpg




囲炉裏で休憩しながら早速ビールで乾杯!
この日は他に4人の宿泊客がいました。
f0227973_22393712.jpg



つまみに煮豆を頂きました。
f0227973_22395175.jpg



元気があればもう一度山頂に戻って夕景を撮るつもりだったのですが、いったん腰を下ろすともう
動けません。
担ぎ上げたボジョレーを引っ張り出して

f0227973_22413132.jpg



この日 0時を回ればボジョレーヌーボの解禁日、でボジョレーヌーボを持ち込んだのでした。
ところが、前日に配達が届かなかったためこれは2012年物、ま~ね、洒落ですから。
山で飲むワインの味は最高でした。



f0227973_22434199.jpg




夕食はカレー、これも旨かった。
f0227973_22444480.jpg




囲炉裏の火がなんとも暖かい。
f0227973_22451139.jpg




食事の後、外はもう真っ暗!
チョットだけ撮りにでましたが、すぐにバッテリーが切れてしまいました。 たぶん氷点下になってたでしょう。
f0227973_22473821.jpg




f0227973_2247692.jpg





つづく



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by esmori | 2013-11-23 21:02 |

玄倉・ユーシン・檜洞丸登山記①

11月20日
玄倉からユーシンロッジ経由で西丹沢の盟主 檜洞丸に1泊で登って来ました。

f0227973_18263777.jpg



以前から丹沢塔ノ岳の山頂から見える鍋割沢が気になっていていつかは歩きたいと思っていました。
そこで紅葉のこの時期、少し長い歩きになりますが、玄倉からユーシンロッジを経由して塔ノ岳を計画
したのですが、ユーシンロッジを経由して登れる山はいくつかあり、調べていて惹かれたのが檜洞丸
にある青ヶ岳山荘。 ランプのある小さな山小屋でそのホームページに惹かれて、予定を変更し檜洞丸に
登ることにしました。

今回は息子が同行することになったので車で行くことにしました。


丹沢湖ビジターセンターで登山届けを出します。
f0227973_1881441.jpg


この日の天気は素晴らしく、富士山がバッチリ。
f0227973_2044407.jpg



紅葉には少し時期が遅いと期待はしてなかったのですが、なかなかいい感じです。
f0227973_20455471.jpg



7:35
玄倉林道ゲート
30台ほど駐車できるスペースがあります。 平日の早朝だったためか2台停まっていただけでした。
ここにはトイレはありません。
f0227973_20482584.jpg


こうべが転がってました、鹿でしょうか?
f0227973_20491219.jpg


紅葉を楽しみながら歩き始めます。
f0227973_2049690.jpg



f0227973_20503081.jpg



最初の隧道
f0227973_2051416.jpg



f0227973_2051152.jpg



青崩隧道 この隧道はH19年に落盤の恐れがあって通行禁止となり、その影響でこの先にあるユーシンロッジが閉鎖されています。隧道は2年前に開通しましたがロッジは閉鎖されたままです。
f0227973_2057465.jpg



中は真っ暗、ヘッドランプが必要です。
f0227973_20582192.jpg


トンネルは途中カーブしてるのでランプがないと真っ暗です。
f0227973_20583568.jpg




f0227973_20594276.jpg



f0227973_2216476.jpg




紅葉に気をとられて立ち止まってばかり。
f0227973_2217639.jpg



次々と隧道が現れます。
f0227973_22173955.jpg



支流の滝
f0227973_22181841.jpg



f0227973_22183416.jpg



8:45
玄倉ダムに着きました。
f0227973_222023.jpg



うわさ通りのエメラルドグリーンの湖面です。
f0227973_22211751.jpg



朝の日差しで紅葉が燃えるよう、そしてグリーンの湖面が素晴らしい。
f0227973_22222554.jpg



滝が流れ落ちています。
f0227973_22223252.jpg




この滝、人工的な滝と言う人もいるようですが、実際どうなんでしょう?
f0227973_22232374.jpg




f0227973_22233844.jpg




また隧道です。
f0227973_2224394.jpg



そして紅葉
f0227973_2224271.jpg




また隧道
f0227973_22244810.jpg



の繰り返し
f0227973_2225127.jpg



ここは手掘りの隧道
f0227973_22254944.jpg




荒々しく掘ってます。
f0227973_22261570.jpg





f0227973_22263541.jpg





f0227973_22265519.jpg





f0227973_22271244.jpg





f0227973_22272855.jpg




これは支流です。
f0227973_22275725.jpg





雨山峠への分岐。 前回登った雨山峠を鍋割山方面に曲がらないで直進するとここに出ます。
ユーシンへは雨山峠を越えて入る人も多いようです。

f0227973_22295334.jpg




f0227973_2230821.jpg





ユーシンロッジの看板
f0227973_2230307.jpg



9:45
ユーシンロッジに着きました。
f0227973_22312076.jpg



ロッジはクローズしてますがトイレは使用できます。
f0227973_22333467.jpg



f0227973_22334850.jpg



この日は清掃の人が入っていました。 天気がいいので虫干しでしょうか、玄関のドアが開いて
いたので覗いてみました。

f0227973_22353644.jpg



f0227973_22355486.jpg




玄関前のモミジの紅葉がキレイです。
f0227973_22363087.jpg




ここで休憩して、いよいよ檜洞丸への急登が始まります。



つづく


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by esmori | 2013-11-21 16:45 |

湘南キャンドル2013

11月3日
江no・Fes 湘南キャンドルに行ってきました。


f0227973_20194831.jpg



数年前に一度行きましたけど、カップルばかりでチョット浮いてるな~とは思いましたけど
今回は友人を誘っての写真撮りです。

f0227973_20224061.jpg



サムエル・コッキング苑の中に入るとまだ明るいけどキャンドルには火が入っていました。

f0227973_20254542.jpg



f0227973_20254224.jpg



シーキャンドルに登って暗くなるのを待ちます。
f0227973_20263852.jpg



そして
f0227973_2027621.jpg



f0227973_20272084.jpg



f0227973_20274449.jpg



f0227973_20275758.jpg




f0227973_2028824.jpg



暗いから分かりにくいのですが、じつはこんなに人がいます。
f0227973_2029164.jpg



f0227973_20303673.jpg



f0227973_2031430.jpg




ここだけで終わってももったいないので、次の目的地に向かいます。

f0227973_20314811.jpg




昭和の雰囲気プンプンの「きむら」へ
f0227973_2032313.jpg



f0227973_2032467.jpg



絶品のアラ煮
ブリ、カレイ、鯛などが入っています。
f0227973_20333167.jpg


もう最高!
f0227973_2034112.jpg



今宵もいい気分で帰ります。

f0227973_20345892.jpg



f0227973_2035912.jpg



f0227973_20351930.jpg



f0227973_20353074.jpg





ブログ村 ブログトーナメント テーマ「秋山」で先日の焼岳登山記が優勝しました。→こちら

応援ありがとうございました。
[PR]
by esmori | 2013-11-05 20:43 | 江ノ島

錦秋の雨山峠から鍋割山

10月30日

今年の5月に登った雨山峠から鍋割山に登るルート。 紅葉樹が多かったので、秋にもう一度行きたいと
思っていた。
丹沢の紅葉情報を気にしていたのだが、そろそろ良かろうと思って行って来ました。


f0227973_1394917.jpg




新松田駅発の寄行きバスで寄に着いたのが8時。
f0227973_13271134.jpg



ここから寄大橋までは一般道を歩きます。


f0227973_13113376.jpg



天気はいいけど、山の上は曇り空。

f0227973_13124854.jpg



途中道が細くなって、廃業したキャンプ場
f0227973_13133092.jpg



人もいないのに電話ボックスが残っています。
f0227973_1314847.jpg



一応使えるみたいだけど、電話機の周りは虫の死骸だらけです。
f0227973_13145886.jpg



8:35 寄大橋
f0227973_13192095.jpg



この先はやどりき水源林でゲートがあります。
f0227973_13182880.jpg



管理棟
f0227973_13204568.jpg



登山ポストがあります。記入用紙は備えてありませんでした。
管理棟横にはトイレがあります。
f0227973_13211150.jpg



この日は平日で誰もいなかったようですが、土日は水源林のハイキングコースを案内してくれる
催しもあるようです。
設備は立派過ぎるくらいで、誰もいないのがもったいない。

f0227973_13252898.jpg


f0227973_13245953.jpg



f0227973_13254748.jpg



登山道入り口の分岐
f0227973_13272639.jpg




平日でこのルートを登る人は非常に少ないと思っていました。
気になっていたのが・・・・ 前回あった看板がありません。

外れて落ちていました。
f0227973_13295248.jpg



熊よけの鈴を付けて登山開始です。
f0227973_13312144.jpg



少し登るとすぐに下りとなり、沢にでます。
f0227973_13321172.jpg



ここで渡渉があるのですが、数日前の台風で大雨が降ったため渡れるのかどうかの心配がありました。


5月の沢はこの程度で楽々渡れたのですが。
f0227973_13402428.jpg




今回、同じ場所ですが川幅が広がって渡れません。


f0227973_1349288.jpg



しばらく渡れそうな場所を探して
f0227973_13412621.jpg



何とか渡れました。

ダブルストックを長く出して川底に突き刺し、安定していそうな石を見つけて飛び移るって感じでしょうか。

堰を上がると、次の渡渉があります。

f0227973_13441410.jpg



ここも渡れそうな場所を探しました。
f0227973_13444250.jpg



何回もの渡渉があります。
f0227973_13451891.jpg



f0227973_13453890.jpg




ここは迷いやすいポイントです。
ばってんの木の先に行ってはいけません。
f0227973_13463651.jpg




右を見るとルートがあります。
f0227973_13521849.jpg




鹿よけのフェンスが続きます。
f0227973_13521241.jpg



にょろり
f0227973_13523788.jpg



フェンスに扉がある場所が2ヶ所ありますが、くぐらないで直進します。
f0227973_13544954.jpg


f0227973_1356782.jpg




最初の鎖場
前回来た時にはなかった梯子があります。 木でできた梯子でいつ朽ち果てるか分かりませんね!
一段一段体重を慎重にかけて登りました。
f0227973_13574727.jpg



朽ち果てて使用できない橋もあります。
f0227973_1357214.jpg



f0227973_13591496.jpg




f0227973_145313.jpg



f0227973_1482359.jpg




だんだん紅葉が目立ってきます。
素晴らしい自然の中で、景色を独り占めです。
f0227973_1485320.jpg




しかし、1人ってことは危ない面もあるので慎重に歩を進めます。
f0227973_1495479.jpg



f0227973_14101375.jpg




何度も危険を喚起する看板がでてきます。
f0227973_14105017.jpg




沢の中を行きます。
f0227973_14111695.jpg



水も流れています。
f0227973_14114433.jpg




f0227973_1412190.jpg




f0227973_14122195.jpg





写真を撮っていたら後ろから年配の男性がやってきました。
今日始めて人と会いました。
f0227973_14143628.jpg



厚木から来られたこの方、何度も来ているルートだそうです。 紅葉は今が一番いいとか!

f0227973_14153985.jpg


f0227973_14212451.jpg



登山道の看板があると安心します。
f0227973_14224759.jpg




f0227973_14222362.jpg




f0227973_14232580.jpg



11:30 雨山峠に着きました。
f0227973_14242722.jpg




f0227973_1424957.jpg




ちょっと休憩して鍋割山に向かいます。
f0227973_1425097.jpg




紅葉が一段と素晴らしい
f0227973_14252742.jpg




f0227973_14254979.jpg




ここは下りの鎖場、距離は長いけど不安はありません。
f0227973_14265694.jpg




f0227973_14271629.jpg




細い尾根道
f0227973_14273939.jpg




紅葉真っ盛り
f0227973_1430492.jpg




こんなとこにお地蔵さん
f0227973_14312174.jpg



f0227973_14314064.jpg




ナメコかな~、食べられそうだけど!
f0227973_1432252.jpg



f0227973_14323764.jpg




ここから核心部です。
f0227973_14382921.jpg




木の下にいったん落ち込んでいます。
f0227973_14392359.jpg




降りて下から見るとこんな感じ
f0227973_1440531.jpg




今度は登ります。
f0227973_14404446.jpg


3点確保したいのですが所々掴む物がありません、やむなく鎖に体重かけるときも。
f0227973_14422423.jpg




上から見てみると
f0227973_1443178.jpg




ここからの紅葉が素晴らしい!
f0227973_14433122.jpg



f0227973_14444772.jpg




f0227973_1445038.jpg



丹沢最高峰 蛭ヶ岳
f0227973_14451923.jpg



木製の階段が出てくると鍋割山も近い。
f0227973_1447529.jpg




f0227973_14484025.jpg




鍋割山荘が見えました。
f0227973_14491011.jpg



13:30 鍋割山1273m   山頂着

f0227973_14504168.jpg




今回は本当のビールで祝杯!
f0227973_1452228.jpg



鍋割山から塔ノ岳に続く稜線の紅葉が好きなのでチョット覗いて見ました。

山荘の裏
f0227973_14533858.jpg



ここの様子は昨年の紅葉よりよくないかも!
f0227973_1454116.jpg



搭ノ岳山頂の尊仏山荘が見えます。
紅葉もいいね!
f0227973_14545595.jpg



f0227973_14552734.jpg



この後は、引き返して二俣経由で帰りました。


大倉着 16:30
タイムは前回とほぼ同じで2度目だから多少は早くなるかと思ったけど、このあたりが
自分の限界のようであまり無理しないことですね。

長々と読んでいただきありがとうございました。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by esmori | 2013-11-02 13:25 |

三浦アルプス・ハイク

10月27日

f0227973_11325971.jpg



三浦半島の山に詳しい友人に案内していただき三浦アルプスを歩いてきました。




最初は楽々ムードだったのですが

f0227973_11321859.jpg




すぐに、アドベンチャーワールドに!
f0227973_11323346.jpg


川の中を歩きます。
f0227973_11335131.jpg



f0227973_11343176.jpg




f0227973_11345076.jpg




f0227973_11354257.jpg




景色もよし!
f0227973_1136178.jpg



予定より時間をオーバー気味で歩いたため、最終目的地の仙元山には途中ショートカットして
向かいました。

f0227973_11383165.jpg




そしてBBQタイム。
長茄子を焼いています。
f0227973_1139211.jpg






夜景は素晴らしく、ビールの味も格別な至福の時を過ごしました。


f0227973_11405377.jpg

[PR]
by esmori | 2013-11-02 11:41 |